下帯姿で寒中みそぎ、北海道

190年続く豊漁豊作祈願

©一般社団法人共同通信社

神事「寒中みそぎ」で、冷水を浴び身を清める下帯姿の行修者=13日夜、北海道木古内町の佐女川神社

 北海道木古内町の佐女川神社で13日夜、190年続く神事「寒中みそぎ」が始まり、行修者と呼ばれる4人の若者が下帯姿で冷水を掛け合って身を清めた。最終日の15日には木像のご神体を抱えて津軽海峡に飛び込み、豊漁豊作を祈る。

 午後7時ごろ、氷点下の境内に「えいやー」と叫び声が上がり、4人が代わる代わる互いの背中に水を浴びせ合った。微動だにせず荒行に耐える姿に観客は見入った。

 寒中みそぎは1831(天保2)年、神社守が夢枕のお告げに従い、海でご神体を洗い清めたところ豊漁豊作になったのが起源とされる。