野茂英雄さん、西武の栗山選手も観戦 県北部と南部の小学生球児が「オールスターゲーム」

©株式会社神戸新聞社

優勝した但馬少年野球連盟選抜の選手と記念撮影する野茂英雄さん(後列右端)と栗山巧さん(同右から2人目)=神戸市須磨区弥栄台5

 兵庫県の但馬と県南部の小学生球児の交流戦「NOMO KURIYAMA オールスターゲーム」が13日、神戸市須磨区のG7スタジアム神戸であった。主催者で元米大リーガーの野茂英雄さんと、プロ野球・埼玉西武ライオンズの栗山巧選手=同市西区出身=も観戦した。

 野茂さんが代表理事の「NOMOベースボールクラブ」(豊岡市)と、神戸で少年野球大会を開く栗山選手が企画し、7回目。但馬地域の「但馬少年野球連盟選抜」と、本山フレンズ(神戸市東灘区)・東播ナインストリーム(播磨町)の合同チーム「栗山巧ドリームチーム」が対戦し、但馬が2対1で勝利した。

 野茂さんと栗山さんはベンチで応援し、球児にアドバイスも。野茂さんは「但馬が勝ってうれしい」と笑顔。栗山選手は「両チームの気持ちがぶつかるいい試合だった」と振り返った。

 但馬の男児(12)=豊岡市=は「偉大な選手に見てもらえてうれしい」と話した。(井上 駿)