桝田絵理奈が子供3人&犬1匹を連れ“新幹線通勤”の哀しき理由…

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

枡田絵理奈 

(C)まいじつ 

元TBSのフリーアナ・枡田絵理奈が1月8日、自身のブログを更新し、子供3人と犬1匹を連れての新幹線移動について語った。

枡田は、《仕事を終え、広島に帰ってきました 今回は母が新幹線に同乗してくれたので、とても心強く、心身ともにかなり楽な移動でした 母に感謝~とはいえ、髪の毛の乱れ具合に疲れが現れている…笑 今回は母がいてくれましたが、基本、1人で子供3人犬1匹を連れて移動するときにはこんな感じです。4歳の息子は隣を歩き、ベビーカーには2歳の長女、抱っこひもに次女、リュックに犬 荷物はショルダーバッグと、あとはベビーカーの下段に入れ、そこに入りきらないものはベビーカーのフックにかけたり、子供たちに自分の荷物をリュックに入れて持ってもらったり…といった感じです》と、普段の移動の様子を細かく明かした。

ネット上では、

《うわー、お母さん大変そう。頑張ってください!》
《細いのにすごいママさんパワー。感心するわ》
《小さい子供を連れての電車移動は本当に大変だよね。尊敬します》
《これは素直に感心する。子供がぐずったりしたら本当に大変だからね》

など、ファンから驚きとともにエールが寄せられている。

 

夫のために家族総出の長距離移動

しかし、一方で、

《犬とか何でペットホテルに預けないんだろう》
《何かいろいろモヤモヤするな。子供を預ける場所ないのか?》
《ここまでして広島と東京往復するのか? もう東京に住めばいいだろ》
《少なくとも、一般人よりお金持ってるんだからどうにかなるだろ》
《電車に載せられる犬も迷惑だろうな。何だかなぁ》

など、批判的な声も上がっていた。

「枡田アナは現在、東京での仕事がほとんどなので、実質、新幹線通勤と言ってもいいでしょうね。夫で広島カープの堂林翔太選手も、シーズン中は全国を飛び回りますから、育児はほとんど枡田アナが1人で行っているそうです。本当は夫の稼ぎだけでやっていきたいのが本音でしょうが、肝心の堂林は、ここ数年、成績も振るわず、今年は佐々岡監督に変わって何とか首の皮一枚つながった状態です。大きくブレークしない限り、枡田が家計を支えなければならない状況は今後も続くでしょうね。内心ではいっそ、戦力外になってもらって、大手を広げて帰京したいというのが本音じゃないでしょうか」(スポーツ紙記者)

もっとも、枡田アナが苦労してまで東京に固執するのは、夫の引退後の仕事を今から根回ししているからともいわれている。

「堂林レベルの成績では、引退してもコーチや解説者になるのはかなり難しいでしょう。幸い堂林はモデルとしても通用するほどのイケメンです。しゃべりさえウマくこなせば、スポーツキャスターとして第2の人生を送ることも十分可能でしょう。枡田はTBS時代のコネをフル活用して、今から夫の再就職の準備をしているといいますよ」(芸能記者)

何とも夫思いの枡田。堂林も美人で献身的な女性を妻に迎えて、本当に感謝しているに違いない。