消費力UP!! 栄町消費生活相談員からのワンポイントアドバイス

©株式会社VOTE FOR

●架空請求に注意して下さい!
「訴訟最終告知というはがきが届いたが、身に覚えが無い」、「利用した覚えがない架空の請求を受けているがどうしたらよいか」と言う相談が多数寄せられています。
・架空請求の請求手段は、はがき、封書、SMS(ショートメッセージ)など様々です。法的措置をとるような記載や、実在の事業者名をかたるなど本物と思わせたりして、消費者の不安をあおるケースも見られます。
・訴訟を開始、取り下げ期日、差し押さえ、強制執行等の記載があると不安になり、連絡をしてしまうと、個人情報が知られ、その情報を基にさらに金銭を要求される可能性があります。未納料金を請求されても心当たりがなければ絶対に連絡しないで、無視してください。

こういった架空の請求はがきやメールに反応し連絡した場合どんな事が起きるでしょうか。
★電話を非通知でかけない限り相手に電話番号を教えてしまう事になります。また相手は言葉巧みに、何とか金銭を払わせようとしますので、個人情報を色々聞き出そうとします。請求金額は架空(ウソ)なので、連絡してきた人の反応をみて決めて、支払いを促します。支払ってしまったら、取り返す事はきわめて困難です。

(★事例)
連絡して、未払いはいくらですかと聞いたら「20万円」と言われた。そんな大金ありませんと言うと、「取り下げ期日が迫っているので、すぐに支払ってください。すぐに返金をしますから安心してください」と言われ、訴訟になったら大変だと思い、お金を工面して支払ってしまった。

消費生活相談
【電話】0476-33-7713
(産業課内)