ゾウの牙など持ち出し疑いで逮捕

©一般社団法人共同通信社

 静岡県裾野市の「富士サファリパーク」で死んだアフリカゾウの牙やチーターの歯を持ち出し、不正に輸出しようとしたとして、千葉県警は14日、関税法違反の疑いで、同園の元職員でラオス国籍の男を逮捕した。