織田信長をイメージしたマーチング披露 大洗高がひたちなかで

©株式会社茨城新聞社

織田信長をイメージした演目を披露した県立大洗高マーチングバンド部=ひたちなか市新光町

県立大洗高マーチングバンド部の第22回ニューイヤーコンサートが13日、ひたちなか市新光町の市総合体育館であり、全国大会の中編成部門で金賞に輝いた織田信長をイメージした演目「天下布武」を披露した。迫力ある演奏とカラーガードによるダイナミックな動きで満員の観客を魅了した。同部後援会主催。

第1部では茨城国体の式典前演技で披露した曲「いばらき風土記2019」を再演した。なかや保育園(ひたちなか市)や市毛フレンド保育園(同)、認定こども園のぞみ(行方市)の幼児も出演し、演奏に合わせて旗を力いっぱい振った。第2部で演奏された信長をイメージした演目では天下取りから本能寺の変までを表現した。ほかに水戸市立浜田小、ひたちなか市立大島中も出演した。