DeNA嶺井捕手が改善点ズバリ 66人熱視線 地元沖縄で少年野球教室

©株式会社沖縄タイムス社

子どもたちのボール回しを見て改善点を助言する嶺井博希選手(右から3人目)=12月28日、南城市玉城の奥武島

 沖縄県南城市出身でプロ野球DeNA捕手の嶺井博希選手が12月28日、奥武島で市内の子どもたちに野球教室を開いた。少年野球9チームから66人が参加し、嶺井選手の指導を熱心に聞き実践していた。

 グループごとにボール回しのタイムを計測し、嶺井選手が改善点を指導した。ショートバウンドが多くタイムロスしているグループには「遅くなってもいいからステップをしっかり踏んでみて」などと助言した。

 アドバイスを実践しタイムが20秒縮まったグループの屋比久琉煌さん(12)=百名小6年=は「プロ選手の前で練習するのは緊張する。でも間近で教えてもらえてうれしい」と喜んでいた。