USJに任天堂の新エリア「SUPER NINTENDO WORLD」が登場!世界的アーティストがコラボした開業記念MVも公開

©株式会社イクセル

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、本日1月14日に開催した「グローバル・キックオフ・プレゼンテーション」にて、任天堂のキャラクターとその世界観をテーマにした「SUPER NINTENDO WORLD」エリアを2020年の東京五輪前にオープンすると発表した。

「SUPER NINTENDO WORLD」は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで初めてとなる多層式エリアとして登場。「マリオカート」やヨッシーをテーマにした家族で楽しめるライド・アトラクションのほか、レストラン、ショップなどが展開する。

本日1月14日に開催された「グローバル・キックオフ・プレゼンテーション」では、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが新しく展開するブランドスローガンや新しいエンターテイメント体験、最先端新技術が公開。また、新エリアでの体験をコンセプトにした開業記念ミュージック・ビデオが発表された。

■新しいイノベーションと独創性で、エンタメの未来を創りだす!

ゲストは「SUPER NINTENDO WORLD」で、現実世界にいながら、まるでマリオのように全身を駆使し、躍動できるアクティビティを体験できます。この新技術は、ご自身のスマートフォンにユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアプリをダウンロードいただき、エリア内で購入できるバンド(パワーアップバンド/Power Up Band)を連動させることで、全身で味わう体験をより一層革新的なものにします。マリオがゲームの中で集めているコインをゲスト一人ひとりが獲得でき、その集めたコインでランキングを競うなど、全身を使う身体性に加えて、挑戦し、競争して、成長する、そして仲間と一体感を実際に得ることができる、まったく新しい、最先端の革新的なテクノロジーです。

合同会社ユー・エス・ジェイ社長 CEOJ.L.ボニエは、「任天堂との提携発表から3年以上が経ち、いよいよ「SUPER NINTENDO WORLD」開業の年になり、とてもワクワクしています。文化功労者にも選出された任天堂の代表取締役フェロー宮本茂様、そして才能あふれる任天堂の皆様との強い連携により、新エリアのクオリティには絶大な自信をもっています。世界最高峰のゲームブランドである任天堂は、数十年に渡り、常に革新的な“アソビ”で世代や国境を越えて驚きと楽しさを届けてきました。社会に革新性をもたらし続けてきた任天堂とユニバーサル・スタジオ・ジャパン、両社のコラボレーションで、世の中を驚かせる体験をお届けします。皆様に「SUPER NINTENDO WORLD」をお披露目できる日が楽しみです。」と語りました。

■ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新技術で、テーマパークはスマートフォンと連動する新時代へ

ティエリー・クー(ユニバーサル・クリエイティブ副社長チーフ・クリエイティブ・オフィサー)

「SUPER NINTENDO WORLD」内には「ハテナブロック」をはじめ、マリオの世界のアイコンとしておなじみのポイントが数十ヶ所以上設置されています。パワーアップバンドを着用し、ハテナブロックを実際に叩くなどの体験によって、ゲストはマリオのゲームの世界のように、実際にコインを集めることができます。また、アプリにおいても設定されたさまざまな条件を達成することで、マリオのキャラクタースタンプなどのコレクタブルアイテムを獲得することができます。

さらにスタンプごとに得られるコインが設定されており、獲得したスタンプに応じてもコインを集めることが可能です。そうして集めたコインの合計数によってランキングがつけられるので、他のゲストとみんなでリアルタイムに競い合いながら、ゲームの世界さながらの体験を全身を使ってお楽しみいただくことができます。

パワーアップバンド

ほかにもエリア内には「キーチャレンジ」と呼ばれるアトラクションが登場。「キーチャレンジ」をクリアすると入手できる「キー(鍵)」を一定数集めることで、他のゲストと協力しながらさまざまな敵キャラクターと対決する「ボスバトル」に挑戦することもできます。エリア内で得た経験によって、パークでの体験価値もどんどん成長することができる、“新時代テーマパーク体験”をゲストの皆さまにお届けします。

ゲームの楽しみをテーマパークに最適化。実際に自分の全身を使って、飛び、ブロックを叩き、コインやアイテムを集めるこれまでにない“アソビ体験”として、新たなテーマパーク体験を世界にお届けします。

ユニバーサル・クリエイティブ副社長チーフ・クリエイティブ・オフィサーティエリー・クーは「「SUPER NINTENDO WORLD」はあなた自身がキャラクターの一人になれる、等身大の実在するビデオゲームだと考えてください。ゲームの世界に入りこむだけでなく、実際にゲームをプレイし、任天堂を象徴するキノコ王国、ピーチ城、クッパ城、マリオカートなどで冒険できるのです。さらに、本日、これまでのテーマパークにはなかった、全く新しい“アソビ体験”について初公開します。

「SUPER NINTENDO WORLD」では、最先端技術で現実とゲームの世界を完璧に融合させました。そのためのツールの一つが“パワーアップバンド”です。スマートフォンのオリジナルアプリと連動させると、マップでさまざまなゲーム要素を確認したり、集めたコイン、スタンプ、獲得したスコアなどが記録でき、達成度やランキングも見ることができます。例えば、エリア内で実際にハテナブロックを叩いてコインを集めたり、「キーチャレンジ」に挑戦してキーを獲得したりと、さまざまなアトラクション、アイテムによりシームレスで革新的なゲームプレイができます。クッパ Jr.がゴールデンキノコを盗み、鍵をかけてしまうところから、「SUPER NINTENDO WORLD」での冒険は始まります。「キーチャレンジ」に挑戦し、敵に守られた3つのキーを集め、クッパ Jr.を倒せば、ゴールデンキノコを取り戻すことができます。このシームレスで独創的なゲームプレイとの連携は、ユニバーサル・スタジオのテーマパークで作られた最も革新的な体験といえます。」と語りました。

数々のエンターテイメントを世に送り出してきたユニバーサル・スタジオのクリエイティビティを、最新鋭の技術を駆使して、ほかに類を見ない世界初のアトラクションとして、ゲストの皆様にここだけにしかない“世界最高の体験”をお届けいたします。2020年は「SUPER NINTENDO WORLDイヤー」とし、本日を皮切りに、2020年2月には世界の中心、ニューヨークで「グローバル・プロモーションイベント」を開催、その後、開業日の発表を予定しています。詳細情報は、今後続々と発表いたしますので、ぜひご注目ください。

■日本中、世界中を“超元気“に!ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新たな挑戦も発表

日本が世界に誇る素晴らしいエンターテイメント・ブランドである「Nintendo」と、ユニバーサル・スタジオの持つ世界最高峰のクリエイティビティによって実現する「SUPER NINTENDO WORLD」は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのさらなる集客拡大の起爆剤になることはもちろん、雇用創出やインバウンド集客など、関西のみならず、日本全国、そして世界へと計り知れないほどの経済波及効果を創出すると考えられています。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは2020年を「SUPER NINTENDO WORLDイヤー」とし、2月からはブランドスローガンを「NO LIMIT!」に一新。日本だけでなく、世界中の皆さまに、このエリアを体験いただくことで、誰もが「超元気」になって、活気あふれる世界に変えていきたいと考えています。

合同会社ユー・エス・ジェイ マーケティング部部長山本 歩(やまもとあゆむ)は「「SUPER NINTENDO WORLD」は、我々の新しいブランドスローガン「NO LIMIT!」を体現する最初のプロジェクトとなります。限界をみないクリエイティビティで開発したエンターテイメントによる「NO LIMIT!」な圧倒的刺激で「NO LIMIT!」な元気=“超元気”になる、それがユニバーサル・スタジオ・ジャパンが日本中に発信・提供していきたい価値です。「SUPER NINTENDO WORLD」では、マリオになりきって競争し、成長し、仲間と協力し、身体全体を使って挑戦することができます。遊びの本能を思い切り解放して、“超元気”になっていただきたい。」と語りました。

■世界的アーティストがコラボした開業記念MV「WE ARE BORN TO PLAY」が解禁!

本日、2020年1月14日(火)に世界同時解禁した「SUPER NINTENDO WORLD」の開業を記念したミュージック・ビデオ「WE ARE BORN TO PLAY」は、“マリオのゲームの世界を現実にしたい”という想いを表現した映像になっています。楽曲は世界的ヒットメーカーとして知られるダンスミュージックデュオ「ギャランティス」と、世界で人気急上昇の歌姫「チャーリーXCX」がコラボし、制作された作品です。誰もが聞き馴染みのある世界で最も有名なゲームのBGMがサンプリングされ、のびやかに弾けるような楽曲と躍動感あふれる映像とマッチしたミュージック・ビデオは、全身を使ってジャンプし、ブロックを叩くなど、「SUPER NINTENDO WORLD」を訪れたゲストが体験する様子を感情豊かに表現された作品に仕上がっています。

この楽曲のタイトルでもある「WE ARE BORN TO PLAY」=“私たちは、遊ぶために生まれてきた”をコンセプトに、まさに人間が生まれ持った本能を解き放つときの感情、表情を豊かに表現し、「SUPER NINTENDO WORLD」での“アソビ体験”の期待が高まる作品に仕上がっています。