バサースト12時間:ホンダ、ベントレーに続きEBMがラインアップ発表。マシンカラーも公開

©株式会社サンズ

 1月31日~2月2日にオーストラリア、マウント・パノラマ・サーキットで開催されるIGTCインターコンチネンタルGTチャレンジ開幕戦リキモリ・バサースト12時間に向けて、IGTCにエントリーしている複数のチームがドライバーラインアップを明らかにしている。

 2020年シーズンのIGTCには、過去最多11の自動車メーカーがFIA-GT3カーで参戦するが、その中には5大陸を転戦するシリーズに初めてフルシーズンエントリーすることになったホンダも含まれる。

 JASモータースポーツのバナーの下、同エンジニアリングが車両開発を担当したホンダNSX GT3 Evoを投入するホンダ陣営は10日、バサースト12時間に出場する3名のドライバーを発表。

 2019年シーズンのIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権でDPiクラス王者となったデイン・キャメロンと、同GTDクラスを制したマリオ・ファーンバッハー、そしてデイトナ24時間レースで優勝したレンガー・バン・デル・ザンデという北米シリーズのスタードライバーを揃える豪華ラインアップが敷かれた。

■オリバー・ジャービスがふたたび“ベントレー・ボーイズ”に

 これに対して、2016年のIGTC発足当時から参戦を継続しているベントレーは2020年シーズンに向け、GT3プログラムのテコ入れを実施。

 具体的には“ベントレー・ボーイズ”と呼ばれるワークスドライバーのシェイプアップが行われ、長年に渡ってベントレー・チームMスポーツで活躍してきたアンディ・ソウセックとスティーブン・ケインのふたりが、ワークスチームのシートを失うことになった。

 一方、マキシム・スーレと、2018年からブリティッシュブランドに加わったジョーダン・ペッパー、ジュール・グーノンは2020年も引き続きチームに残留することが決まり、グリーンベースの新リバリーとなった第2世代のベントレー・コンチネンタルGT3に搭乗する。

 これに加えて、2台目のコンチネンタルのドライバーには、セブ・モリス、アレックス・バンコム、オリバー・ジャービスという新しいトリオが組まれることが決定。ジャービスにとってベントレーへの復帰は2017年以来、3年ぶりだ。

グリーンがベースカラーとなったベントレー・コンチネンタルGT3

■2019年優勝チーム、EBMもラインアップ完成

 ディフェンディングウイナーとして2020年のバサーストに挑むアール・バンバー・モータースポーツ(EBM)は13日、ゼッケンナンバー“1”を掲げるポルシェ911 GT3 Rのカラーリングとともにドライバーラインアップを発表した。

 連覇を狙うEBMのドライバーのひとりは、チーム代表を務めるル・マンウイナー、バンバー本人だ。

 そのバンバーとともに1号車をシェアするのはポルシェワークスドライバーのローレンス・ファントール。さらに、バサースト1000で複数回優勝を飾るなど、マウント・パノラマの歴史上もっとも成功を収めたドライバーのひとりとされるクレイグ・ラウンズが起用されている。

 ラウンズは「ポルシェワークスドライバーのアールとローレンスとチームを組み、バサースト12時間でポルシェファミリーに参加できることに本当に興奮している」とコメント。

「EBMは昨年のレースの優勝チームだ。彼らがタイトルを守る手助けをするのはとてもエキサイティングだ。アールと僕は過去にチームメイトとして一緒に戦ったこともあるし、今回はベルギー人も交じるのでより楽しいはずだ」

 また、参戦車両であるポルシェ911 GT3 Rは、老舗カーケア用品ブランド『マグアイアーズ』のサポートを受け、新たなカラーリングとなった。公開されたリバリーはブラック基調はそのままに、バンバーの母国ニュージーランドを象徴するシダの葉と、マグアイアーズのロゴがイエローで描かれたものになっている。

アール・バンバー、ローレンス・ファントール、クレイグ・ラウンズ組が乗り込むEBMの1号車ポルシェ911 GT3 R