日本人だけが知らない? 世界が注目する日本の竹アート 巨大作品が大阪に

©まいどなニュース

四代田辺竹雲斎の巨大な竹インスタレーション

2017年、ニューヨークの「メトロポリタン美術館」でおこなわれた『日本の竹工芸:アビー・コレクション』展。観客の度肝を抜いた、世界有数の日本の竹工芸品のコレクションと、四代田辺竹雲斎の巨大な竹インスタレーションが、「大阪市立東洋陶磁美術館」で展示される。欧米で高まる日本の工芸への熱視線に気付いていないのは、日本人だけかもしれない。竹工芸のアートの驚くべき「美」を目撃しよう。

NYで47万人を驚かせた巨大竹インスタレーション。作家は田辺竹雲斎

展覧会場でまず驚かされるのが、1階ロビー、吹き抜けから2階の展示室入口にまで届く巨大な竹の立体作品。文字通り写真に撮れないスケール、そして生きているかような躍動感。ゴツいだけじゃない。近くで見ると繊細に編まれた竹ヒゴが光を透過して刻々と陰影を変化させ美しい。

圧倒的な量感がありながら、風と光を透過する軽やかさとナチュラルな風合いが心地いい。竹にしか形作れない空間造形だ

制作した四代田辺竹雲斎は2016年パリの「ギメ東洋美術館」、2019年サンフランシスコの「アジア美術館」でインスタレーションを制作。アートとしての竹工芸の存在感を印象付けた。

四代田辺竹雲斎と、ヤマタノオロチのような大スケールのインスタレーション。東京藝術大学で彫刻を学び、大阪・堺市で家業の竹工芸制作を継承しながら、2011年からインスタレーションを制作している

「家業では煎茶の道具を作ってきましたが、海外で竹の良さを伝えるために、このような形のアートにしました。竹は清らかさのシンボルで、煎茶の美意識にとって重要なものです。また、まっすぐで凛としていて、再生のシンボルでもあります」。アートであり、手工芸品でもある。そんな竹工芸の特質は、この斬新なインスタレーションでも同じ。制作はすべてが手作業だ。

8人がかりで2週間。ひたすら編む!インスタレーション制作現場

スタッフが黙々と竹を編むこと2週間。関西初の規模となるこの竹インスタレーションは現地で制作された。素材は竹ヒゴのみ。それも「畳一畳くらいのスペースに収納できるくらいの量」だそう。軽くて、多くの道具を必要としないという竹工芸の長所は、海外で設置するアート作品となったときに、大きな強みになるわけだ。

息のあったスタッフが阿吽の呼吸でひたすら手作業。カゴを編む要領で立体を編み出してゆく
通常あまり竹工芸には用いない虎竹を使用。六角形をつなぐ編み方のバリエーションで造形してゆく。古い竹ヒゴと新しい竹ヒゴ、黒い部分と白い部分のバランスも計算しつつ、職人たちの手の動きは、目にも止まらないほどすばやい

展示が終われば、バラして竹ヒゴに戻る。今回使われた竹ヒゴは、ニューヨークやパリで使われたものが一部再利用されている。使い込まれた竹と新しい竹が重なって描かれる景色は、作品制作のなかで再生される竹の命も表している。この「循環する自然」も、竹雲斎氏の作品コンセプトだ。

編み上がった部分を持ち上げて設置準備。作品が繊細ゆえ、動かすときのバランスが難しそう
吊り下げて設置する作業。ふんわりと軽く見える作品も、空間とのバランスをはかりながらの難しい作業があってこそ

日本の竹工芸が海外でたどった、工芸からアートへの道

海外での竹工芸の評価の高さに比べて、日本では悲しいほど竹工芸への理解が薄い。素材として親しみがありすぎなのが要因だろう。ここで、竹が海外でコレクションされ、アートになるまでの歴史をちょっとご紹介。

古くから生活用具だった竹が鑑賞の対象となったのは、中国から仏教とともに茶の湯が導入されたことから。美と高潔さを愛する中国の文人たちにとって、生命力に満ちて清らか、まっすぐな竹は、人生の理想を体現する存在。茶道具にも竹を愛用した。この美意識を受け継ぐ煎茶が17世紀の江戸時代、大阪を中心に流行し、煎茶席のための竹の道具づくりが洗練を極めた。

阪口宗雲斎「果物籃 水月」(昭和4年)。よく見ると1本の竹を割いて編んであり、竹の特性を生かし切った超絶技巧。第10回帝展(昭和4年)で竹工芸として初めて入選。竹工芸が美術として認められるきっかけを作った作品

明治時代に入って、欧米で開催された万国博覧会などを通して超絶技巧の竹の工芸品が海外で人気を呼ぶ。その後、欧米で竹工芸のコレクションが充実し、近年ではコンテンポラリーアートのマーケットでも評価が高まるなど、「日本だけが日本の竹工芸を知らない」逆転現象が生じているといっていい。

今回展示される、アメリカのアビー夫妻のコレクションは、日本の近代から現代作家までの竹工芸の歴史と技巧を一望にできる圧巻の質と量で、我々が知らなかった竹工芸の世界に入門できる。

実用品であるという思い込みに加えて「竹って、工芸じゃないの?アートなの?」というカテゴリー論も日本での竹の評価を邪魔してきた。鑑賞のコツはひとつだけ。まずはアビー夫妻が集めた傑作たちと対面してほしい。コレクションの情熱をかきたてた、竹作品の造形と技巧のすばらしさ、心を洗う竹の清々しさが、日本人の竹への先入観を洗ってくれる。

ひょうたん型に編んだ籠。文字部分ももちろん竹編み。加藤藤昇斎「瓢形花籃」(大正9年)
二代田辺竹雲斎「亀甲透編瓢型籃」(20世紀半ば)。見てつめていると、すっと心が鎮まるような精緻さ。煎茶の風雅が感じられる
ねじりながら編んだ3D文様。小菅吼月「晒竹捻り組花籃」(昭和51年)
藤沼昇「網代編盛籃 無双」(平成24年)。見込み(底部分)に浮き出した文様もただただすごい。ぜひ現物をアップでご覧ください
竹による現代アート作品。奥は、ジャコメッティのような造形、長倉健一「花入 女(ひと)」(平成30年)、手前は田辺陽太「子供たちに捧げる土」(昭和50年)竹編みの自在な可塑性を発見
同展覧会は大分、東京を巡回し、それぞれの館で館蔵品とのコラボ展示がなされた。「大阪市立東洋陶磁美術館」では、やきもの作品と対比させて展示。左は、塩月寿籃「オブジェー」(平成2-6年頃)

大阪市立東洋陶磁美術館

『竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション-メトロポリタン美術館所蔵』

2019年12月21日(土)~2020年4月12日(日)

http://www.moco.or.jp

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・沢田 眉香子)