健康ポイント事業スタート 熊本市、スポーツ飲料など特典

©株式会社熊本日日新聞社

健康ポイント事業の試行開始に合わせ、協力企業との共同企画を発表した大西一史市長(中央)=熊本市役所

 熊本市は14日、スマートフォンの専用アプリを活用する健康ポイント事業の試行を始めた。3月6日まで。健康増進を実践して一定条件を満たすと、協力企業による商品提供などの特典がある。

 市内在住か通勤・通学する18歳以上が対象。専用アプリ「もっと健康! げんき! アップくまもと」をダウンロードして参加する。ウオーキングや健康診断の受診、健康イベントの参加などにポイントを与える。

 大塚製薬のスポーツ飲料「ボディメンテ」(500ミリリットル)がもらえる条件は「5日連続で5千歩以上」。今月20~31日の期間内に達成するとスマホ画面にバーコードが表示され、市内のセブン-イレブン・ジャパンの店舗で商品を受け取れる。先着千人。

 300ポイント以上獲得すると市内の協力店で値引きなどを受けられるほか、植木温泉の入浴券や農産物などが当たる抽選に応募できる。大西一史市長は「遊び心をもち、楽しみながら健康づくりに取り組んでほしい」と参加を呼び掛けている。

 熊本市健康ポイント事業の運営事務局TEL(0120)040037。(久保田尚之)

(2020年1月15日付 熊本日日新聞朝刊掲載)