全国最高齢首長 86歳・小林氏無投票9選 出雲崎町長選 昭和、平成、令和で在任

©株式会社新潟日報社

小林則幸氏

 任期満了に伴う新潟県出雲崎町長選が14日告示され、無所属現職の小林則幸氏(86)が立候補を届け出た。他に届け出はなく、3回連続の無投票で9選が決まった。小林氏は全国の現職首長で最高齢。町議を経て1988年の町長選で初当選し、昭和、平成、令和の三つの時代で町長を務め、次の任期中に90歳となる。

 全国町村会や全国市長会などによると、2位以下は84歳約10カ月の橋本聖二・東京都日の出町長、84歳約9カ月の花川与惣太・東京都北区長と続く。

 小林氏は第一声の後、報道陣に「最高齢を逆手に取り、トップセールスをする。若い世代の期待に応える町づくりを徹底的にやる」と語った。

 当選を決めた後、出雲崎町尼瀬の選挙事務所で、年齢や多選について「批判はしっかり受け止める」とした上で「少子高齢化や人口減少に全力を挙げて対処する」と述べ、保育料や高校生以下の医療費の無償化など、子育て支援の拡充に取り組むとした。

 小林氏の無投票当選は通算6回目。今回の町長選を巡っては、町民有志が対抗馬の擁立を目指したが、断念した。