バドミントン桃田選手、帰国へ

交通事故のマレーシアから

©一般社団法人共同通信社

桃田賢斗

 【クアラルンプール共同】遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれたバドミントンの男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗選手(25)=NTT東日本=は14日夜、入院先の首都クアラルンプール近郊の病院を退院し、15日午前、飛行機で帰国の途に就いた。同日午後、日本に到着する。

 桃田選手は同日午前、野球帽をかぶり、マスクをかけた姿で空港に到着し、無言のままVIPラウンジに入った。

 治療をしたマレーシアの医師は、桃田選手が顔などにけがを負ったが「1カ月ほどで練習に戻れ、今後の競技に影響はないだろう」との見解を示した。日本協会によると、帰国後は精密検査を受ける。

マスク姿で空港に到着したバドミントン男子の桃田賢斗選手(中央)=15日、クアラルンプール近郊(共同)