「パンツ見えてるだろ!」制服女子への催眠映像がヤバ過ぎる…

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)xiuren..Click.Here…FREE / Shutterstock 

1月10日深夜放送の『青春高校3年C組』(テレビ東京系)が、「まるでエロビデオ」「犯罪臭がする」「BPO案件では?」などと物議を醸した。

同番組は、秋元康氏と佐久間宣行氏の人気作家2人が手掛け、10代~20代前半の男女が出演する〝青春バラエティー番組〟。普段は月曜から金曜の17:30から放送されている帯番組だが、今月22日に番組出演メンバーによるCDデビューを控えているため、この日は「【祝!デビュー】青春高校ってこんなグループSP」として深夜に放送されることとなった。

番組ではメンバーに催眠術をかける企画が行われ、体が人形と同化する、好きな動物になってしまうといった催眠が。すると、催眠をかけられたメンバーの動きに合わせてカメラが動き、制服を着た女子メンバーのスカート部分が執拗に映されるマニア歓喜の光景が流れていった。

 

「16歳に何やらせとんねん」

動物になる催眠ではメンバー2人が犬と猫になりきってスタジオを駆け回り、他のメンバーに抱き付いて甘え始める。さらに、司会の『おぎやはぎ』にお手をする、頭をなでられる、おもちゃであやされるなど回され放題で、矢作兼の足に絡みついて顔を赤らめるという、またしてもフェティシズムにあふれた映像となった。

続く「カメラが大好きな猫に見えてしまう」という催眠では、ミニスカのまま床に置かれたカメラと戯れ始め、少女の下半身がローアングルで撮影されるという異様な光景に。再びかけた猫になりきる催眠でも、女子同士が太ももに顔を擦り付ける、男子も交ざってじゃれ合い始めるなどかなり際どく、視聴者からは、

《普通にエロいんだが》
《脚フェチになった俺にはかなりAVと一緒のように見てる》
《ただのエロビデオやないか!》
《エッチな目でしか見れないんですが》
《にゃんにゃんプレイがはかどるな》
《プレイwwwwwwww》
《16歳に何やらせとんねんw》
《ガチでBPO案件だろこれ》

などといった声が上がった。

また、スカートではしゃいでいるが、絶妙に中身が見えないアングルに対して、

《スタジオでは見えまくりか。スタッフ得なだけやん》
《これ絶対パンツ見えてるだろ!》
《カメラマン見え過ぎやろ》

などの邪推の声も。

『AKB48』の流れをくむ制服ビジネスには、ひたすら感嘆するのみだ。

 

【画像】

xiuren..Click.Here…FREE / Shutterstock