【今週末の新作映画】『ゲーム・オブ・スローンズ』アルフィー・アレン&『エージェント・オブ・シールド』エイドリアン・パスダー

©株式会社WOWOW

好きな俳優が出演している作品は全てチェックしよう! 海外ドラマでお馴染みの俳優に特化した新作映画をピックアップ! 今週1月17日(金)からはこちらをご紹介。

今年90歳を迎えるクリント・イーストウッドが手掛ける、1996年のアトランタ爆破事件を描く実話サスペンス。本年度アカデミー賞助演女優賞にボビ・ジュエル役のキャシー・ベイツ(『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズ)がノミネート!

事件の第一発見者として数多くの人々を救ったリチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』)の物語。警備員として献身的な働きが讃えられて一躍ヒーローとなるが、数日後にFBIの捜査情報が漏洩し、地元メディアが「リチャードを捜査中」と実名報道したことで状況は一転。爆弾犯扱いされた。この窮地に弁護士のワトソン・ブライアント(サム・ロックウェル『バイス』)が立ち上がる。爆破事件の容疑者とされたリチャードと潔白を信じるワトソンが、巨大権力に向かって反撃する―。

その他の出演者:ジョン・ハム(『MAD MEN マッドメン』『グッド・オーメンズ』)、オリヴィア・ワイルド(『VINYL‐ヴァイナル‐ Sex,Drugs,Rock'n'Roll&NY;』)、ニナ・アリアンダ(『弁護士ビリー・マクブライド』)、イアン・ゴメス(『私はラブ・リーガル』)、ウェイン・デュヴァル(『SUITS/スーツ』)、マイク・ニュースキー(『グッド・ワイフ』)

本年度アカデミー賞作品賞、助演女優賞(スカーレット・ヨハンソン)含む6部門ノミネート! 『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ監督最新作。『ゲーム・オブ・スローンズ』のシオン・グレイジョイ役で知られるアルフィー・アレンが出演。

舞台は、第二次世界大戦下のドイツ。心優しい10歳の少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、空想上の友だちアドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)の助けを借りながら、立派な兵士になろうと奮闘していた。しかし、ジョジョは訓練でウサギを殺すことができず、教官から"ジョジョ・ラビット"という不名誉なあだ名をつけられ、仲間たちからもからかわれてしまう。そんなある日、ジョジョは家の片隅に隠された小さな部屋で、ユダヤ人の少女がこっそりと匿われていることに気付く...。

その他の出演者:トーマシン・マッケンジー(『キング』)、レベル・ウィルソン(『ピッチ・パーフェクト』)、スティーヴン・マーチャント(『蜘蛛の巣を払う女』)、サム・ロックウェル(『バイス』)、スカーレット・ヨハンソン(『マリッジ・ストーリー』『アベンジャーズ』シリーズ)

Netflixオリジナル映画。『ゴーン・ガール』や『バイス』に出演したタイラー・ペリーが手掛ける驚愕のサスペンス。『エージェント・オブ・シールド』のタルボット役でお馴染みのエイドリアン・パスダーが出演。

元夫の浮気に落ち込んでいた心優しく善良なグレイス(クリスタル・フォックス『ビッグ・リトル・ライズ』)は、新たな恋を見つけ生きる気力を取り戻しつつあった。しかし、グレイスは新しい夫についての秘密を知ると、暴力的な一面をのぞかせるように...。そして殺しを自白。事件を調べ始めた担当弁護士は、供述の裏に潜む驚きの真実にたどり着く―。

その他の出演者:メカッド・ブルックス(『SUPERGIRL/スーパーガール』)、シシリー・タイソン(『殺人を無罪にする方法』)、フィリシア・ラシャド(『Empire 成功の代償』)

(海外ドラマNAVI)

Photo: