緩やかな景気拡大続く

日銀総裁、増税の影響に言及せず

©一般社団法人共同通信社

日銀本店で開かれた支店長会議に臨む黒田総裁(中央)ら=15日午前

 日銀の黒田東彦総裁は15日、東京都内の本店で開いた支店長会議で、景気の先行きについて「海外経済減速の影響が続くものの、国内への波及は限定的となり、緩やかな拡大を続ける」との見方を示した。景気の現状は「基調としては緩やかに拡大している」と指摘した。消費税増税の影響には言及しなかった。

 物価上昇の勢いが衰え、追加の金融緩和策を講じる場合は、民間銀行から預かる資金に手数料を課す「マイナス金利」の拡大を選択肢とする考えも改めて示した。

 日銀は15日午後に全国9地域の景気判断をまとめた地域経済報告(さくらリポート)を公表する。