熊本県内私立高入試始まる 荒尾・玉名市の3校皮切り

©株式会社熊本日日新聞社

有明高で入試問題に取り組む受験生ら=14日、荒尾市

 熊本県内私立高の入学試験が14日、熊本県荒尾市の有明、玉名市の専大玉名と玉名女子を皮切りに始まった。その他の私立18校は、22日に特待や専願などの試験を実施。一般入試は2月13、14日がピークとなる。

 有明の入試は、普通、福祉、機械、電気情報の4科と5年一貫の看護学科の計270人の募集に対し、391人が受験。受験生たちは国語、数学、英語の問題や面接に真剣な表情で向き合った。(樋口琢郎)

 県内私立高21校の総募集定員は前年度と同じ6260人。ほかの私立高の一般入試日程は次の通り。

 ▽1月28日 専大玉名▽2月5日 菊池女子、城北▽同13日 鎮西、真和、尚絅、信愛女学院、熊本中央、国府、マリスト学園、東海大星翔、文徳▽同14日 九州学院、ルーテル学院、開新、慶誠、学園大付、八代白百合学園、秀岳館

(2020年1月15日付 熊本日日新聞朝刊掲載)