「美帆さん」で審理、相模原殺傷

遺族の意向、実名で

©一般社団法人共同通信社

横浜地裁

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員植松聖被告(29)の裁判員裁判第3回公判が15日、横浜地裁で開かれた。青沼潔裁判長は被害者特定事項秘匿制度に基づき「甲A」としてきた犠牲者について、遺族の意向を踏まえ「美帆さん」として審理すると説明した。

 美帆さん=当時(19)=の母親は8日の初公判に際し、報道各社に寄せた手記で、姓を伏せた上で名前を公表していた。

 争点は事件当時の刑事責任能力の有無や程度。弁護側は「大麻精神病による心神喪失か心神耗弱だった」と無罪を主張している。