コンビーフ、台形缶が変更

70年ぶり、「ノザキ」

©一般社団法人共同通信社

付属の巻き取り鍵で回しながら開ける特徴的な台形型の缶(下)からアルミ箔を使った容器(上)にリニューアルされた「ノザキのコンビーフ」

 川商フーズ(東京)は15日、「ノザキのコンビーフ」をリニューアルし、付属の巻き取り鍵で回しながら開ける特徴的な台形型の缶から、アルミ箔を使った容器に変更すると発表した。台形の缶詰での販売は1950年から70年続き、コンビーフの代名詞として親しまれていた。

 従来のパッケージをつくっている容器メーカーの設備が老朽化し、製造の継続が困難になったため。従来品は在庫がなくなり次第、販売を終える。新パッケージの商品は3月16日から販売する。

 川商フーズはパッケージのリニューアルに合わせて内容量を100グラムから80グラムに変更し、中身の脂質も減らす。