首相、中東歴訪終え帰国

緊張緩和へ連携確認

©一般社団法人共同通信社

中東歴訪を終え、帰国した安倍首相と昭恵夫人=15日午後、羽田空港

 安倍晋三首相は15日、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーン3カ国での一連の日程を終え、政府専用機で羽田空港に到着した。各国要人との会談で、米国とイランの対立により緊迫化する中東情勢の緊張緩和に向け、緊密に連携を図る方針を確認。海上自衛隊の中東派遣について説明し、理解を求めた。

 サウジのムハンマド皇太子との会談では中東派遣について「日本関係船舶の航行の安全確保が目的だ」と説明。ムハンマド氏は「完全に支持する」と応じた。