歴史を守ろう!文化財防火デー 令和2年1月26日(日)

©株式会社VOTE FOR

文化財防火デーは、昭和24年(1949年)1月26日、奈良県にある法隆寺金堂が火災になり、国宝十二面壁画の大半を焼損したことがきっかけで、昭和30年(1955年)1月26日に定められました。
私たちの町の各地区には、重要な文化財がたくさんあります。それらのほとんどが木造のため、いったん火がつくと全て燃えつくしてしまうので、絶対に守らなければいけません。