ヤマハ、内装5段変速採用の本格派など電動アシスト自転車2020年モデル

©株式会社BCN

ヤマハ発動機は、レトロスポーティなデザインと本格的な走行性能を備えた24型コンパクトアーバンモデルなど、電動アシスト自転車2020年モデル計4機種を2月14日に発売する。

「PAS CITY-V」は、レトロスポーティなデザインと本格的な走行性能を兼ね備えた24型シティタイプ。2020年モデルはPASシリーズの従来の特徴に加え、さらにPASシリーズのコンパクトモデルで唯一の内装5段変速、オンロードでの走行性を重視したタイヤを採用し、本格的な走行性能を実現した。アシストレベルは「★★★」。

カラーはレトロスポーティなデザインにマッチする、上質さを感じる新カラーのクリスタルブラック、ダークメタリックレッド2、継続色のミラーシルバーの計3色。税別の販売価格は11万7000円。

PAS CITY-V 2020年モデル(ダークメタリックレッド2)

「PAS CITY-C/CITY-X」は、取り回しのしやすいアルミ製フレームを採用する軽量コンパクトな20型。従来から好評のPASシリーズの特徴を引き継ぐ2020年モデルは、乗り降りしやすくカジュアルなデザインのPAS CITY-Cは1色、都会的なPAS CITY-Xなともに2色、新カラーを用意した。アシストレベルは「★★★」。税別の販売価格は、PAS CITY-Cが11万円、PAS CITY-Xが11万5000円。

PAS CITY-C 2020年モデル(ベイクドピンク)とPAS CITY-X 2020年モデル(マッドダークグリーン2)

高校生の通学シーンに合う「PAS RIN」も2月14日に同時発売する。大容量15.4Ahリチウムイオンバッテリなどを採用し、ユニセックスなデザイン性と使いやすさを両立させた。アシストレベルは「★★★★」。カラーは、パウダーブルー、マットオリーブ、ソリッドグレー2の3色。税別の販売価格は11万9000円。