筒香嘉智、高校野球の球数制限500球に違和感を示す

©株式会社光文社

今季から米大リーグのタンパベイ・レイズに移籍が決まっている筒香嘉智外野手(28)が、中学時代に所属した堺ビッグボーイズの小・中学生と交流会を行った。

12日、午前9時にグラウンドに姿を見せた筒香選手は約3時間、練習に参加したり、アドバイスを送ったり、質問に答えたり、最後は豪快なスイングを披露したりと充実した時間を過ごした。

野球人口の減少が叫ばれている昨今、堺ビッグボーイズは小・中学生を合わせて約190人が在籍する大所帯。他県からもわざわざこのチームに入団している選手もいる。その理由について筒香選手はこう語る。

「お茶当番とか、無理な土日の協力とか、お母さんたちが苦労して、困っている。野球をやらしたいけど、できない。家族の時間も取れないという手紙をたくさんいただきました。

(野球人口の減少は)少子化の何倍も進んでいるのが現状です。そういうのをなくして、子どもたちのためにしっかり教育、指導ができれば、まだまだ野球をやりたい、野球をする子どもたちはきちんとすれば増えるんじゃないかと思います」

筒香選手は球数制限にも言及。持論を展開した。

「高校生で1週間に500球ですかね。プロ野球選手は1週間で先発投手が投げるのは、今はだいたい100球前後。多くて130球くらい。中継ぎでも1週間で100球いったら、けっこう投げてる登板数だな、と感じる。

ルールを作ったから前進と言われますが、ただ作ったらいいんじゃなくて、やっぱり子供たちの成長の過程のなかで真剣にルールを考えないと。球数制限ができたことがよかったと報道されますけど、僕はそれは違うんじゃないかと思います」

筒香選手はアメリカの少年野球事情も肌で感じてくるはず。来オフの発言にも注目したい。