桐谷健太「日本の犯罪率を減らします!」東出昌大とのW主演ドラマに全力投球!!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系にて1月16日よりスタートする連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(木曜午後9:00)の完成披露試写会&トークイベントが行われ、ダブル主演の桐谷健太と東出昌大、そして共演の比嘉愛未、磯村勇斗、今田美桜、柳葉敏郎、風間杜夫、脚本を手掛けた福田靖氏が登壇した。

同ドラマは、桐谷健太演じる元体育教師の異色な刑事・仲井戸豪太と、東出昌大演じる東大卒の頭でっかちな超エリート検事・真島修平の異色バディが、仲良く衝突しながらも事件に挑む、コミカルかつ新機軸の事件解決バディドラマ。桐谷が「スタッフ・キャスト一丸となって全身全霊でやっているので、それがすごく絵にも出ています。回を増すごとにストーリーもみんなの魅力も増していくと実感しています」と語ると、東出も「昨晩第1話を見ましたが、夜中に興奮してキャストやプロデューサーに長文のLINEを送りました(笑)。自身が出演している作品を手放しで褒めるのも気持ち悪いなと思うんですけど、本当に面白いです」と手応えをアピールした。

豪太の妹・みなみ役を演じる比嘉は、正反対の2人を取り持つ役柄ということで、撮影中の2人について聞かれると、「役柄は本当に会うとずっと言い合うような犬猿の仲なんですけど、撮影中はずっとお二人お話をされていて。切り替えがすごいです。お芝居のことも2人で相談しあっていて、絆がもう出来上がってるなと」と明かした。

また新年早々ということで、今年挑戦したいことを聞かれると、桐谷は「今はこのドラマのことしか考えてないです。できるだけ多くの方、老若男女問わずに見ていただける作品だと思うので、この世界を明るくできたらと思っています」と宣言。東出も「僕らW主演で、2人とも連ドラ初主演なんです。本当に大きなプレッシャーはあるんですけど、全身全霊で戦って、視聴者の皆さんに元気を与えることができたらと思っています」と続けた。

最後に東出は「日夜、全力で撮影しています。寒い時期に温かいものをお届けできればと思っています。3月いっぱいまで楽しんでください。本日はありがとうございました」と締めると、桐谷も「何度も言いますが、スタッフ、キャスト全員、全身全霊、全力で最高の作品作りに心を投じています。どんどんキャラクターが魅力的になっていくと思います。木曜9時からの1時間だけでも日本の犯罪率を減らします!」と自身の役柄になぞらえ締めくくった。