山田裕貴主演の学園サイコ・ラブコメ「ホームルーム」のポスタービジュアル解禁

©株式会社東京ニュース通信社

MBSほかで1月23日よりスタートする、山田裕貴主演の連続ドラマ「ホームルーム」(木曜深夜0:59)のポスタービジュアルと主題歌が解禁された。

同作は、千代氏による同名学園サイコ・ラブコメ漫画を実写ドラマ化したもので、生徒へのゆがんだ愛ゆえに、予測不能な奇行が次々と飛び出す戦慄(せんりつ)の学園物語。女子生徒からダントツの人気で「ラブリン」の愛称で親しまれているイケメン教師の愛田凛太郎(山田)だが、担任するクラスの桜井幸子(秋田汐梨)が好きすぎるあまり、幸子を自分でイジメて自分で救う、自作自演の救出劇を繰り返し、彼女のヒーローを装うサイコ・ラブストーリーが描かれる。

公開されたポスタービジュアルでは、一見すると爽やかな愛田先生が、赤いシートに映し出されたものでは愛に狂い奇行に走る表情をしており、そんな先生の裏の顔を知らずに純粋に思いを寄せる桜井幸子を描いた、まさに本作にぴったりのビジュアルとなっている。

また、オープニング主題歌が、4人組ロックバンドSHE’Sの「Unforgive」に決定した。プロデューサーに初タッグとなるトオミヨウ氏を迎え、攻撃的な歌詞とエモーショナルでドラマチックなピアノロックサウンドで、予測不能で狂愛的なドラマの世界観を盛り上げていく。SHE’Sは「許せる人が最も強いと思っていたけど、悪意を持ち人を傷つけ笑って飯を食う人間を、僕は許さない。許さなくたって良い。そんな思いから『Unforgive』という曲を書きました」と楽曲に込めた思いを語り、「原作を読みましたが、とても刺激的で(笑)、猟奇的な予想できない展開にドキドキさせられたり、ゾクッとさせられました。愛と狂気の渦巻く『ホームルーム』の世界を『Unforgive』がどれだけ広げてくれるか、緊張や不安もありつつとても楽しみです」と期待を寄せている。