国民年金コーナー

©株式会社VOTE FOR

20歳になったら国民年金 ~新成人のみなさんへ~

日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人は国民年金に加入する義務があります。20歳になった人には、日本年金機構から、国民年金に加入したことをお知らせする案内が送付されますので、ご確認ください(厚生年金または共済年金加入している人は除きます)。

◇国民年金のポイント

■将来の大きな支えになります
国民年金は20歳から60歳の人が保険料を納め、その収入や国庫負担(税金)、積立金を財源に受給者に年金を給付しています。
公的年金は、物価や賃金の動向に応じて給付水準を調整し、将来にわたって受給者の生活を支える、安心で安定した制度です。

■老後のためだけではありません
国民年金は65歳になったときの老齢年金のほか、障害年金や遺族年金もあります。障害年金は、病気や事故で障害が残ったときに受け取れます。また、遺族年金は加入者が死亡した場合、その加入者により生計を維持されていた遺族(「子のある配偶者」や「子」)が受け取れます。
※保険料の未納期間があると、将来受け取る年金が減額になったり、受けられなくなることがあります。保険料は納付期限を守って納めましょう。

支払いが難しいときは免除制度のほか、次のような制度もあります。

◆「学生納付特例制度」
学生は一般的に所得が少ないため、本人の所得が一定額以下の場合、国民年金保険料の納付が猶予されます。

◆「納付猶予制度」
学生でない50歳未満の人で、本人および配偶者の所得が一定額以下の場合に国民年金保険料の納付が猶予されます。

~鳥取年金事務所へ相談に行くときは~
鳥取年金事務所の相談窓口は混雑が予想されます。ご相談・お手続きの際は、電話予約をお願いしています。
予約の申し込みは、「予約受付専用ダイヤル」へ!
【電話】0570-05-4890
(0570-05(ご)-4890(よやくを))

問合せ:
・鳥取年金事務所
【電話】0857-27-8311
・本庁舎保険年金課
【電話】0857-30-8224
【FAX】0857-20-3906