東京eスポーツフェスタ、盛り上がり見せた会場 小池都知事が「モンスト」体験も

©株式会社ジェイ・キャスト

2020年1月11日~12日の2日間にわたり、東京ビッグサイトで「東京eスポーツフェスタ」が開催された。

左からリオン選手、うなにゃ?選手、やみえるぅ選手、りんね選手。

当イベントはeスポーツの普及と関連産業の振興を目的として開催されており、東京都も主催に名を連ねている。初日には小池百合子都知事も会場を訪れ『モンスターストライク』をプレイする姿を見せた。

モンスト部門、熱戦制したのは...

会場では多くのeスポーツを体験できるエリアや関連企業の展示会など、さまざまな催しが開催されており、入場料金は無料ということもあってか多くの人が訪れていた。

またフェスの期間中には『モンスターストライク』『パズドラ』『太鼓の達人(Nintendo Switchバージョン)』の大会も行われ、多くの観客が選手たちに歓声を送った。いずれの大会でも会場に入りきれないほどの観客が、ブース外から大型スクリーンを眺める姿が多く見られた。

中でもこの日特に注目を集めたのが、フェスの最後を飾るイベントとなった『モンスターストライク』部門だ。

大会ではモンストの公式スピンオフアプリ『モンスターストライク スタジアム』が使用され、1チーム4人制となっていた。予選参加チームは88チームとなっており、プロ・アマ問わず参加している姿が見受けられた。

激しい予選大会を潜り抜け、決勝にコマを進めたのは「161【cm】」と「Sonrisa」の両チーム。中でもSonrisaはプロチーム「【華】獣神亭一門」の監督であるリオン選手が参戦しており、注目の的となっていた。

Bo3(最大3戦、2本先取で勝利)ルールで行われた決勝戦は、熾烈なものとなった。第1ゲームは161【cm】が序盤に圧倒的大差をつけるものの、Sonrisaが徐々に挽回し、逆転勝利を挙げて優勝へと王手をかける。

続く第2ゲームは大接戦となり、Sonrisaはわずかの差で終始追われる展開となるが最後まで冷静さを保ち切り、2本連取で見事優勝を決めた。優勝したSonrisaのメンバーには、東京都の多羅尾光睦副知事より東京都知事杯と副賞が贈られた。

Sonrisaの監督でありチーム唯一のプロライセンス保持者であるリオン選手は、「監督をやっている以上は勝ち抜かないと顔が立たないという想いで全力で練習してきました。それを本番で発揮できてよかったです」と、ほっとした様子で語っていた。

チームの面々も「監督の考察がすごくて本当に助かりました」「プロのすごさを体験できました」と、口々にリオン選手の存在感をたたえていた。

(eスポーツライター 早川清一朗)