電車内で猫と触れ合う企画中止に 銚子電鉄、SNSで批判相次ぎ

©株式会社千葉日報社

 銚子電鉄(千葉県銚子市)の電車を利用して2月5日に予定されていた催し「ぬくねこ電車」で、猫と触れ合えるイベントが中止になることが15日、関係者への取材で分かった。会員制交流サイト(SNS)で「猫がかわいそう」などと批判が相次ぎ、同電鉄と主催者が協議して決まった。    ぬくねこ電車は、専門学校「日本工学院」(東京都大田区)の学生が企画。猫カフェの協力を得て、電車内に猫と触れ合える場所を設ける予定だった。地元食材を使った鍋を提供するイベントは従来通り実施する方針だが、内容・名称ともに猫とは無関係のものに変更するという。    15日に同校側と同電鉄が協議して決まった。主催者である日本工学院ミュージックカレッジの担当者は取材に「銚子を盛り上げるべく、猫と関係のない形のイベント企画を練り直して再び(銚子電鉄側に)提案したい」と話した。