「信じられない。ドッキリカメラ」直木賞の川越宗一さんが会見

©株式会社ジェイ・キャスト

2019年1月15日、初めての候補で第162回直木三十五賞を受賞した川越宗一さんは、東京・日比谷の帝国ホテルの記者会見場に現れ、「信じられない。ドッキリカメラが続いている感じ」と受賞の喜びを語った。

写真は、記者会見に登壇した川越宗一さん(撮影:BOOKウォッチ編集部)

執筆2作目での受賞については、「評価されてうれしい。自分の力を信じて、期待に応える作家活動をしたい」と意欲を披露した。

川越宗一 著 『熱源』(文藝春秋)

受賞作の『熱源』については、「いろいろな人に出会って書けた。あの時代のすべての人に感謝したい」と話した。

また、「こういう題材を読みたいけど、ない。それなら自分で書こうというのが小説を書く上での『熱源』になっている」と創作の秘訣を明かした。

写真は、選考会場の料亭、新喜楽の2階に掲示された発表(撮影:BOOKウォッチ編集部)

第162回直木賞の受賞作は、川越宗一氏の『熱源』(文藝春秋)。作品の内容については、記事「サハリンで出会った熱い魂」をご覧ください。
川越さんおめでとうございます。

  • 書名:熱源
  • 監修・編集・著者名: 川越宗一 著
  • 出版社名: 文藝春秋
  • 出版年月日: 2019年8月30日
  • 定価: 本体1850円+税
  • 判型・ページ数: 四六判・426ページ
  • ISBN: 9784163910413

(BOOKウォッチ編集部)