陸上「厚底シューズ」禁止へ

トップ選手使用、英メディア報道

©一般社団法人共同通信社

「マラソングランドチャンピオンシップ」で、ナイキの厚底シューズを履いて力走する中村匠吾(右端)ら=2019年9月、東京・銀座

 【ロンドン共同】陸上の長距離で好記録が続出して注目されている米スポーツ用品大手ナイキの「厚底シューズ」が、世界陸連の新規則によって禁止されることになると15日、複数の英メディアが報じた。

 同社の厚底シューズは炭素繊維のプレートが埋め込まれ、高い反発力が売り。マラソンの世界記録を持つ男子のエリウド・キプチョゲ、女子のブリジット・コスゲイ(ともにケニア)や日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)、東京五輪日本代表に決まっている中村匠吾(富士通)らトップ選手の多くが履いている。