運動員が倍額受領認める

河井氏側の公選法違反事件

©一般社団法人共同通信社

記者団の前で謝罪する自民党の河井克行前法相(右)と河井案里参院議員=15日夜、東京都内

 自民党の河井克行前法相の妻、案里参院議員の昨年7月の参院選を巡る公選法違反事件で、一部の車上運動員が報酬の法定上限額の倍額を受け取ったと広島地検の任意聴取に説明していることが15日、関係者への取材で分かった。

 克行氏は15日午後10時ごろ、東京都内で記者団に「大変なご迷惑とご心配を掛けたことに深くおわびを申し上げる。後日きちんと説明する」との文書を出して謝罪。現時点で議員辞職せず、自民党を離党しない意向を示した。

 案里氏も直後に都内で「有権者に心配を掛け誠に申し訳ない」と謝罪し、辞職、離党のいずれも否定した。案里氏が疑惑発覚後、取材に応じたのは初めて。