ミランFWスソの獲得にスペインの3クラブが興味!

©フットボール・トライブ株式会社

スソ 写真提供: Gettyimages

ミランのスペイン代表FWスソの獲得にスペインの3つのクラブが獲得に興味を持っているようだ。15日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

ミランは昨年の12月27日、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを獲得。ミランのステファノ・ピオリ監督は同選手加入後、システムを従来の4-3-3から4-4-2へと変更。これによりスソはポジションを失うことになってしまった。そんな中、今回の報道によるとスソの獲得にバレンシアとセビージャ、ヘタフェの3クラブが関心を示しているようだ。

今季、公式戦16試合で1ゴール2アシストと不調期からなかなか脱出できていないスソ。ミランも今冬での売却を検討しているとも報じられているが、果たしてスソは今冬スペインへと移籍するのだろうか。