がん見落とし男性死亡 県立二戸病院、2015年CT検査

©株式会社岩手日報社

がんの疑いを見落とし、患者の男性が死亡した県立二戸病院=15日、二戸市堀野

 県医療局は15日、二戸市の60代男性が2015年に県立二戸病院で受けたコンピューター断層撮影(CT)検査で、がんを疑わせる所見があったにもかかわらず、1年5カ月にわたり患者側に伝えず、治療が遅れた男性が死亡したと公表した。診察した応援医師がCT検査結果を3度見落としていた。遺族は代理人を通じて「早く治療を始めていれば苦しい思いをしなくて済んだのではないか」と訴えている。

 県医療局によると、男性は15年3月に二戸病院の呼吸器内科を受診。その際にCT検査で腎細胞がんを疑わせる所見があった。放射線科医が画像診断報告書に記載したが、診察した呼吸器内科医が報告書を確認せず、患者側に伝わらなかった。

 遺族代理人によると、男性は同年6月と9月にも受診し、その際も同じ医師がCT検査結果を見落として伝えていなかった。がんが発覚したのは16年8月に脳出血で緊急搬送された際で、男性は17年1月に同院で死亡した。病院側は遺族に謝罪し、昨年12月に示談が成立した。