64年東京五輪の特別展を開催

当時組織委の迎賓館赤坂離宮で

©一般社団法人共同通信社

1964年東京五輪の特別展のオープニングイベントに出席した(左から)橋本五輪相、重量挙げの三宅宏実選手ら=16日午前、東京都港区の迎賓館赤坂離宮

 1964年東京五輪の開催に向けて関係者が奮闘した様子を伝える写真や、開会式で着用した赤のジャケットの公式服装など貴重な資料を展示する特別展が16日から迎賓館赤坂離宮(東京都港区)で始まった。3月10日まで。赤坂離宮には64年大会の組織委員会が置かれ、大会の準備が進められた。

 当時の聖火リレーで使ったトーチやポスターも展示された。橋本聖子五輪相は公開に先立つイベントで「昭和の五輪を振り返り、東京五輪への機運を盛り上げたい」とあいさつ。3大会連続のメダル獲得を目指す重量挙げ女子の三宅宏実選手も同席し、64年大会のメダルを見学した。