東急、映画見放題/電車バス乗り放題/そば食べ放題のサブスクサービス

©株式会社 音元出版

東急は、東急線沿線で電車/バス、映画館、食事を利用し放題になるサブスクリプション型サービス「東急線・東急バス サブスクパス」に関する実証実験を3月1日から開始する。本日1月16日から申し込み受付を開始した。

サブスク券面イメージ

サービス内容によって価格が異なるいくつかのコースを用意しており、最安値は1ヶ月18,000円から(以後、価格はすべて税込)。映画館見放題が含まれるコースは1ヶ月3万円から。

東急線全線、東急バス全線の1ヶ月間乗り放題乗車券を基本とし、専用電動自転車&駐輪場の貸与サービス、映画観放題パス、そば定額パスの中からいずれか1つ以上を選択し、セット購入するというもの。映画は対象の109シネマズ(グランベリーパーク/二子玉川/川崎/港北)およびムービルの計5館が利用し放題になる。食事は「しぶそば」で1日1回、かけそばまたはもりそばを食べられる。こちらは渋谷店など12施設が対象。

本日1月16日から申し込み可能なのは、3月1日〜3月31日までの1ヶ月間有効なチケットで、申し込み期限は2月9日まで。その後、4月の1ヶ月間有効なチケットを2月10日〜3月8日までの期間で、5月に有効なチケットを3月9日〜4月12日までの期間で販売する。販売は東急が運営するオンラインサイト「SALUS ONLINE MARKET」(サルースオンラインマーケット)で行う。

販売される組み合わせおよび価格の詳細は下記の通り。

<1月16日(木)から申込開始>

・電車&バス+109シネマズ+しぶそば 33,500円

・電車&バス+109シネマズ 30,000円

・電車&バス+しぶそば 23,500円

<2月10日(月)から申込開始>

・電車&バス+電動自転車+109シネマズ+しぶそば 36,500円

・電車&バス+電動自転車+109シネマズ 33,000円

・電車&バス+電動自転車+しぶそば 26,500円

・電車&バス+電動自転車 23,000円

・電車+電動自転車 18,000円