パナソニック、2020年度版地図搭載の7V型カーナビ“ストラーダ”「CN-E320D」

©株式会社 音元出版

パナソニック株式会社 オートモーティブ社は、AV一体型カーナビゲーション「ストラーダ」の新製品として、7V型ワイドVGA搭載SSDカーナビステーション「CN-E320D」を2月初旬に発売する。価格はオープンだが、税込55,000円前後での実売が予想される。

「CN-E320D」

ストラーダの上位機種から継承した、高いナビゲーション機能とリアルでわかりやすい案内表示の2020年度版新地図を搭載したベーシックモデル。

新東名高速道路の厚木南IC〜伊勢原JCTや新名神高速道路の新四日市JCT〜亀山西JCTなど、東京2020オリンピック・パラリンピックに向け全国で新設された主要な高速・有料道路の情報を収録。交通事故防止対策のカラー舗装や、訪日外国人向けに変更された道路標識までリアルに反映させた新地図により、見やすく分かりやすい案内を実現する。

車載イメージ

交通情報サービス「VICS WIDE」に対応した渋滞回避機能「スイテルート案内」を搭載しており、ルート案内中に交通状況が変わると渋滞を回避するルートを自動で再探索。準天頂衛星システム「みちびき」にも対応し、高い自車位置測位精度によりドライブをサポートできる。

エンターテインメント機能ではBluetooth接続による音楽再生やCD再生、AM/ワイドFM対応のラジオなどが楽しめる。また、ワンセグチューナーを内蔵するため、テレビ番組の視聴を行うこともできる。