3歳娘殴りけがさせた疑い、栃木

男逮捕、「しつけ」と否認

©一般社団法人共同通信社

 3歳の長女を平手で殴り全治2週間のけがをさせたとして、栃木県警小山署は16日、傷害の疑いで、同県小山市大行寺、無職岩瀬隆喜容疑者(39)を逮捕した。「しつけのためにやった。犯罪ではない」となどと容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は、昨年10月25日ごろから28日ごろまでの間、自宅で当時3歳だった長女の顔を平手で殴るなどし、両頬にけがを負わせた疑い。

 小山署によると、長女は妻の連れ子。昨夏に同居を始め、「当時からしつけのためにたたいていた」と供述しているという。20代の妻も長女に暴行を加えていた疑いがあり、署が調べている。