バレンタイン催事が開場、名古屋

高島屋、チョコ2500種類用意

©一般社団法人共同通信社

ジェイアール名古屋高島屋の大型催事の会場で開かれた特別販売でチョコレートを試食する人たち=16日午前、名古屋市

 ジェイアール名古屋高島屋は16日、バレンタイン恒例となった大型催事の開場式典を開いた。同店のバレンタイン商戦の売上高は10年連続で日本一とされる。17日から一般販売を始め、約2500種類のチョコレートを用意。2月14日まで1カ月を切り、名古屋市内の百貨店でチョコを巡る顧客争奪が本格化する。

 名古屋高島屋は2001年から催事を開催し、今年で20回目。当初期間中の売上高は5千万円にも満たなかったが、同店でしか手に入らない限定商品の品ぞろえを強化した結果、年々増加。19年は27億円を突破した。