劉鶴氏、記者会見で中米第1段階経済貿易協定調印について説明

©新華社

劉鶴氏、記者会見で中米第1段階経済貿易協定調印について説明

15日、調印式であいさつする劉鶴氏(右から3人目)。(ワシントン=新華社記者/劉傑)

 【新華社ワシントン1月16日】中米両国による第1段階の経済貿易協定の調印式が15日、米ワシントンで行われ、その後、劉鶴(りゅう・かく)中国共産党中央政治局委員・国務院副総理・中米全面経済対話中国側首席代表は中国の一部メディアに調印の関連状況を説明し、記者の質問に答えた。

 劉鶴氏は次のように述べた。中米両国は15日正午、中米第1段階の経済貿易協定に正式に調印した。これは予想を安定させ、繁栄を促すことができる協定で、世界の生産者、消費者、投資家の利益にかなう。これは経済協定であるというだけではなく、世界の平和と繁栄にも関わる。

 協定調印後、中国は米国と共に努力し、平等と相互尊重の原則を堅持するとともに、協定の取り決めを順守し、協定の関連する内容の着実な実行に努める。