大津の園児事故、地裁が判決延期

検察側、弁論再開を申し立て

©一般社団法人共同通信社

保育園児らが死傷した大津市の事故現場=2019年5月

 大津市の交差点で昨年5月、車2台が衝突し散歩中の保育園児ら16人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの罪に問われた右折車の新立文子被告(53)の公判で大津地裁(大西直樹裁判長)は16日、予定していた判決言い渡しの延期を決めた。

 検察側は同日、被告が昨年12月に民放番組の取材に応じ「事故の時にせめて(直進車が)減速、あるいはブレーキがあったら」などと法廷とは食い違う意見を主張したとして弁論再開を申し立て、地裁に認められた。その後、被告側が起訴内容について争う趣旨の主張をしたため、地裁は審理の延長を決定。検察側は論告求刑をやり直す見通し。