五輪混雑緩和へ情報マップ

東商、16万部発行

©一般社団法人共同通信社

東京五輪・パラリンピックの混雑緩和に向けて東京商工会議所が作成した「2020交通対策ハンドマップ」=16日午後、東京都千代田区

 東京商工会議所は16日、東京五輪・パラリンピック開催期間中の混雑緩和に向け、競技会場周辺の交通規制情報などをまとめた「2020交通対策ハンドマップ」を作成したと発表した。16万部を発行する。

 大会関係者の移動ルートや高速道路料金の上乗せ区間など、各機関からさまざまな形で出ている情報を1枚の地図に集約した。各会場の実施競技や周辺の対策などの詳細な情報は、2次元コードを使ってスマートフォンやタブレット端末からアクセスできるようにした。

 会員企業に送付するほか東商の本部や支部などで配布する。東商のホームページからもダウンロードできる。