カタール戦のVARで質問状提出

日本サッカー協会

©一般社団法人共同通信社

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長は16日、U―23(23歳以下)アジア選手権の日本―カタール(15日)の判定に対して質問状を提出したことを明かした。主審の判定を映像で補助するビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を巡って整合性を欠く場面があったとして、関塚技術委員長の名でマッチコミッショナーに経緯説明を求めた。

 退場者やPKで日本に不利な判定が続き、田嶋会長は「VARを評価する機関がなく、まさに密室。公式なコメントをいただきたい」と話した。