柏木由紀が大興奮「のぞけそう」 AKB48公演「超神席」からVR鑑賞

©株式会社ジェイ・キャスト

AKB48グループの劇場公演をVR(仮想現実)技術を駆使して生配信するサービスが2020年2月3日に始まる。カメラを客席の最前列より前に設置した「超神席」だ。

ゴーグルをつけてVR配信を体験する柏木由紀さん。身をかがめて上を向くしぐさをしながら「なんかのぞけ…無理なのか」

1月16日に東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた記者発表会では、柏木由紀さん(28)が、ゴーグルをつけて動画を体験。上を向きながら「のぞけそうなんだよね、これで見ると」と、大迫力に感心しきりだった。

まずはAKB、SKE、NGTの3劇場から

劇場公演は、ソフトバンクのVRプラットフォーム「LiVR(ライブイアール)」で配信する。LiVRは19年3月にサービスが始まり、福岡ヤフオク!ドームで行われるソフトバンクホークスの試合などが生中継されてきた。スマートフォンに専用アプリを入れて視聴する仕組みで、ゴーグルを使えば立体的に(3D)見られる。

VRカメラはステージ正面、上手、下手の3か所に設置。正面カメラは最前列より前に設置される。サービス開始時点では名古屋市のSKE48劇場、新潟市のNGT48劇場にもカメラを置き、各劇場で行う公演を生中継する。各劇場ごとに視点を切り替えながら楽しめる仕組みで、HKT48の田中美久さん(18)は、

「お仕事や移動時間(の都合)でなかなか劇場に来られない方や、抽選で外れてしまった方も、いつでも高画質で見られるということで、いつでも劇場公演に来ているかのように楽しめます」

などとアピールした。

「絶対1回はやると思うよ、ファンの人。あー、無理か~!」

ゴーグルをつけた柏木さんは、

「おーっ!下から見るってあんまりないですよね。本当に1列目とかじゃないと、なかなか見れない光景。(カメラが切り替わって)上手も下手も見れるのはすごい」

と臨場感を力説。カメラがSKE48劇場に切り替わると、身をかがめて上を向くしぐさをしながら「なんかのぞけ...無理なのか」。SKE48の須田亜香里さん(28)から「怪しくなってきた、柏木さん!」と突っ込まれると、柏木さんは

「のぞけそうなんだよね、これで見ると。絶対1回はやると思うよ、ファンの人。あー、無理か~!」

と悔しがっていた。

ソフトバンクとしては、次世代通信規格「5G」の普及を見据えてコンテンツを増やしたい考えで、今回の配信はソフトバンク側からAKB48グループの運営会社、AKSに打診して実現した。ソフトバンクの寺尾洋幸・常務執行役員によると、福岡市のHKT48劇場や大阪市のNMB48劇場からの配信も「できるだけ早い時期に始めたい」といい、録画(オンデマンド)配信も「プランには入っている。どう出すかや、何が一番良いかは、実はまだ手探りだ」と話している。

料金は1か月見放題で3300円、3劇場で見放題になるプランで8400円(いずれも税込)だ。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)