ブルーノ・フェルナンデス、マンU移籍へ個人合意か!残すはクラブ間の…

©フットボール・トライブ株式会社

ブルーノ・フェルナンデス 写真提供:Gettyimages

スポルティング・リスボンのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスは、マンチェスター・ユナイテッドと個人合意に至ったようだ。英紙『テレグラフ』が報じている。

今冬の移籍市場でユナイテッドへ移籍するのではないかと報じられているB・フェルナンデス。同選手は移籍に前向きな姿勢を見せていると報じられてきたが、ユナイテッドと個人合意に至ったようだ。

クラブ間での合意に向け、交渉を続けているとされるユナイテッドとスポルティング。ただ、移籍金の面で折り合いがつかず、交渉が停滞していると報じられている。『テレグラフ』によると、ユナイテッドは5000万ポンド(約71億8000万円)での獲得を望んでいるようだ。スポルティングはこれを受け入れてはいないが、財政的に切迫している状況であるため、受け入れざるを得ない可能性もあるという。

今シーズンのリーグ戦15試合に出場し、8ゴール7アシストと大活躍のB・フェルナンデス。果たして、クラブ間でも合意に至ることができるだろうか。