福岡出身著名人50人の“お薦め”が大集合!! FBS「福岡ゲンジン」1月17日放送!

©株式会社東京ニュース通信社

FBS福岡放送は開局50周年を記念して、1月17日に「福岡ゲンジン」(午後6:30)を放送する。番組では、各界で活躍する福岡県出身の著名人や名士ら総勢50人にアンケートを行い、それぞれが個人的に推薦する“福岡の知られざる魅力”を調査し、番組で結果を発表。県民の特質とも言える“強い福岡愛”にあふれた内容となったようだ。博多ニュースはその収録現場に潜入。一体どんな番組なのか? 少しだけ見どころをお届けしよう。

収録会場は、東京都中央区銀座にある居酒屋「博多屋 大吉」。博多祇園山笠の切り絵を飾った壁、博多織が使われた照明など、そこかしこから“福岡愛”が伝わってくる。そこへ集まったのは、郷土愛たっぷりの面々。陣内孝則(大川市)とパンクブーブー・黒瀬純(糟屋郡篠栗町)が司会を務め、ゲストとして森口博子(福岡市)、つるの剛士、原口あきまさ(ともに北九州市)、篠田麻里子(糸島市)が出演する。

福岡出身の人ならおなじみの「やーっ!」というかけ声を皮切りに、収録はスタート。50人への事前アンケートをもとに、トークやクイズを展開していく。スタジオゲストはもちろん、VTRで登場するゲストの“お薦め”が次々登場。それは店に限らず、場所、モノ、ヒトなど多岐にわたる。他番組であまり取り上げられることのない情報もあり、同局の情報番組の担当スタッフが、このアンケート結果を欲しがっているんだとか。

さらに今回の番組で紹介された情報を冊子にまとめ、福岡各所の観光案内所への設置を計画。小川洋福岡県知事も訪問しており、番組ではその模様も放送する。冊子の仕上がりや、知事の反応なども見どころの一つだ。番組内では中継パートも。“あのゲスト”の「お薦め」を“博多のおいさん”ことマサルが実際に訪れる。ゲストをよく知る友人らに、マサルが突撃! 普段あまりテレビなどで語られることのない、学生時代のエピソードも飛び出していた。

収録を終えた陣内と黒瀬に話を聞いた。

──収録お疲れさまでした。終えられて、手応えはどうですか?

陣内

「やっぱすごいね。福岡の人がこれだけ集まると元気もらえますね」

黒瀬

「みんな『言いたいことまだあるのに』みたいな顔で帰っていきましたね」

──タイトルの「ゲンジン」というのは、“福岡をこよなく愛する人達”のことを指すということですが、福岡をこよなく愛するが故の“あるある”エピソードってありますか?

陣内

「やっぱ(相手が)福岡出身ってなるとすごい親近感を持っちゃうね。向こうもそうやって接してくるし。『高校どこやった?』とかね。出身中学とか出身高校とか聞いちゃうね」

黒瀬

「福岡県民はよく聞くらしいですね。『どこ中?』とか『どこ高?』とか」

陣内

「だいたいそれで環境とかキャラクターとか分かるよね」

黒瀬

「(笑)。『あ~コイツここで育ったからこんな感じか』みたいなね」

──ちなみに、収録でもお話されていた“福岡県人会”っていうのは頻繁にされているんですか?

黒瀬

「最近できてないですね。1年くらいかな?」

陣内

「みんなが忙しくなっちゃってね。始めたころは、松重(豊)くんとか吉田羊ちゃんとかまだブレーク前だったから、来てたもんね。黒瀬くんはその前に『M-1グランプリ』取って…。その直後ですよ、華丸大吉が優勝したのは(2014年『THE MANZAI』)。揚げ句の果てには、最近どぶろっくも取ったよね(2019年『キングオグコント』)」

──その集まりに行くと運気が上がるとか…?

黒瀬

「多分そうだと思いますよ! 吉田羊さんも(県人会に)来だして、『HERO』ですからね」

陣内

「みんな…ほんとやね。華丸大吉も“朝の顔”になったしね」

黒瀬

「ほんとですよ~」

陣内

「朝の顔かよ、おまえらがって感じやけどね(笑)」

黒瀬

「でも大吉さんは、県人会来る回数ちょっと少なかったからか、ちょっと(週刊誌に)撮られちゃいましたよね(笑)」

陣内

「そういう心がけがね(笑)」

──(笑)。では最後に、番組全体の見どころなどを教えてください。

陣内

「僕ら自身があまり知らなかった名産や場所…。やっぱり福岡って魅力的で深いなって思いました。またみんなが盛り上がっちゃうから、段々無口になってくる自分を感じました(笑)」

黒瀬

「途中疲れてきてたでしょ(笑)。今日長かったから」

陣内

「黒瀬くんは頑張ってましたよね(笑)。見どころは?」

黒瀬

「よく見る福岡のお薦めのお店ってわけじゃなく、個人個人の思い出の店が多かったですね。味も絶対おいしいだろうし、思い出があるってことで見てて楽しかったです。ぜひ皆さんも番組を見て、店とかに行っていただきたいですね」

──ありがとうございました。

第2弾が期待できるのでは? というほど内容の濃かった収録。そんなところからも出演者の“ゲンジン”っぷりが見てとれる。福岡の情報と福岡への愛がたっぷり詰まった「福岡ゲンジン」。放送をお楽しみに。