原爆投下前後の様子をVR体験 福山工業高生、8月6日にイベント

©株式会社中国新聞社

VRで原爆投下直後の様子を確認している石岡さん
原爆投下直後の広島県産業奨励館前を映し出すVR

 原爆投下から75年となる今年の8月6日、福山工業高(福山市)の生徒が原爆ドーム前で、投下前後の様子をバーチャルリアリティー(VR)で体験するイベントを開く。「一発の爆弾が街を一瞬で破壊したイメージを明確に伝えたい」と風景を精緻に再現。VRゴーグルをかければ目線の向きに合わせて、被爆者が目撃した街の姿が立ち現れる。

 雲一つない青空の下、広島県産業奨励館(現原爆ドーム)の前に立つと周囲には元安川や民家の並ぶ風景が広がる。サイレンに続き、上空の米軍機エノラ・ゲイから何かが落下するのが見えた瞬間、爆音とともに視界が真っ白に―。VRゴーグルを装着すると、まるで8月6日の朝、爆心地に立った感覚になる。

 同校の計算技術研究部の生徒は5年前から、原爆ドームから徒歩約1キロ圏の様子を歩いて体験できるVRの制作を進めている。当時の写真、建物設計図などを参考に建物の正確な位置や構造を再現。東京や新潟など県外の被爆者にも会いに行き、出来栄えを確認してもらった。

 「75年たった今も鮮明に覚えている被爆者にとって、原爆で失われた大切な場所。当時を知らない私たちも新たな事実を知ることができる」と2年柿原惟人(ゆいと)さん(16)。顧問の長谷川勝志教諭(54)を中心に生徒たちで文献を集め、詳しい史料が見つかるたびに作り直してきた。

 昨年秋、持ち運びできるVRゴーグルを使ったVR制作に着手。外国人にも分かりやすく伝えるため、生徒が英語のナレーションも吹き込んだ。2年石岡宏望(ひろむ)さん(17)は「英語は得意じゃないけれど、限られた時間で1人でも多くの人に原爆の恐さやつらさを伝えたい」と話した。

 8月6日は、原爆ドーム前で持ち運べるVRゴーグルを使い「VR奨励館」の体験会を開く。同5日には中区の広島グリーンアリーナでVRゴーグルとパソコンを使い被爆前後の街を歩く「VR爆心地」の体験会も計画する。顧問の長谷川教諭は「制作でお世話になった被爆者も亡くなられている。思いを継承するという約束を生徒と一緒に果たしたい」と語る。(湯浅梨奈)

被爆の「証人」、どう継承 広島の被服支廠「2棟解体・1棟外観保存」原案

【ヒロシマの空白 被爆75年】街並み再現・本通り

大型ステンドグラス「夕凪の街」広島彩る 本通駅に20年2月設置