黒島結菜が“下手に聞こえる大阪ことば”で朝ドラヒロインの弟子を好演!

©株式会社東京ニュース通信社

戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜午前8:00=NHK大阪放送局制作)に川原喜美子(戸田)の弟子・松永三津役で出演している黒島結菜が役柄について語り、「三津は真っすぐな性格で、1人で旅をして、いろいろな人に出会って、感化されて、弟子入りしようとしては断られて、それでも諦めない強さがあります。その一方、女の子らしい一面もあり、すごく魅力的な子だなと思います」と愛着を持って挑んでいる。

ドラマは、滋賀県の焼き物の名産地・信楽を舞台に、戦後の高度経済成長期に男性ばかりの陶芸の世界で、女流陶芸家の草分けとして歩み始める川原喜美子の姿を描くストーリー。喜美子が結婚後にかまえた陶芸の工房に弟子入りする三津は、東京の美術大学を卒業後、全国の焼き物の産地を訪ね歩いてきたキャラクター。物怖じしない、真っすぐな性格の三津の存在が川原家に波乱を巻き起こしていく。

黒島は「“朝ドラ”に出演できてうれしいのはもちろん、チーフ・プロデューサーの内田さんとは以前、『アシガール』というドラマでお仕事したご縁もあり、また一緒に仕事ができて楽しみだなと思いました。そしてうれしさ反面、緊張も。しっかり期待に応えたいと思いました」と出演が決まった際の心境を語り、「今回、三津は大阪出身ではないのですが、大阪ことばを話すシーンがあり、私は以前、別の作品で経験したおかげで、三津は“下手な大阪ことば”をしゃべるという設定なのに、うまく話せてしまって。演出の方に『うますぎるからもっと下手にしてね』と言われてしまいました(笑)。そこで練習した“下手に聞こえる大阪ことば”の成果で、面白くなっていたらいいなと思います」と撮影でのエピソードを明かした。

収録当初は「すごく緊張していた」という黒島は、「三津は初対面でも物怖じしない性格ですが、私は真逆で人見知りのタイプで、収録初日は居場所から探していました(笑)。“朝ドラ”の現場は、演者さんもスタッフさんもたくさんいらっしゃって、すごいなと圧倒されました」と振り返る。また、共演の戸田と松下洸平については「戸田さんとは以前共演したことがあり、久しぶりにお会いしたのですが、変わらず一生懸命な方で、現場の中心にいて、かっこいいなと思います。喜美子が集中して作陶する姿は、戸田さんとリンクして、本当にグッと入り込んでいるので、かっこいい。松下さんはすごく穏やかな方だなと思いました。役で分からないところについても、『こうしたら三津らしさが出ると思う』などとアドバイスをいただいて、頼れる方だなと思いました。お芝居をしていない普段から、八郎さんという印象です」とそれぞれ印象を語り、心強い先輩2人に支えられながら撮影に臨んでいる様子。

そして「三津はいろんな面があるキャラクターなので、バランスを考えながら演じています。同じシーンのなかでも、ここは自信を持ってアピールするところ、ここは必死でお願いをするところ、ここはちょっとふざけてみるところ…と、三津の感情豊かな様子を見ていただきたいです」と自身の見どころをアピールし、「物語ではこの先、三津は自分の気持ちを優先してしまいます。喜美子さんと八郎さんの関係を見ながら、三津がどうなっていくのか、私自身も楽しみです」と今後の展開に期待を持たせ、「三津という役は人によってすごく好かれるか、すごく嫌われちゃうか、分かれるんじゃないかと思います。ただ私から見た三津は素直で一生懸命な女の子なので、そのあたりが視聴者の皆さんに伝わって、『あぁ、三津ってかわいいじゃん』と思ってもらえるように頑張ります」と視聴者にメッセージを送った。