ホークスがウルブズのジェフ・ティーグをトレードで獲得

©楽天株式会社

アトランタ・ホークスが、ミネソタ・ティンバーウルブズのジェフ・ティーグをトレードで獲得したと『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じている。

同氏によると、ホークスはかつてチームでプレイしたティーグ、そしてトレイビオン・グラハムを獲得する代わりに、アレン・クラブをウルブズに放出するようだ。トレイ・ヤング不在時にオフェンシブ・レーティングが著しく低下(108.2→90.7)するホークスは、ヤングの負担を軽減することができる控えポイントガードを探していた。

一方、主力のひとりであるティーグを放出したウルブズは、より大きなトレードに向け、ロスター枠に空きを作るために今回のトレードを行なったと同氏は指摘している。

ティーグは2009-10シーズンから2015-16シーズンまでホークスでプレイし、チーム史上5位のアシスト数(2,671)を記録。平均15.9得点、2.5リバウンド、7.0アシストをマークした2014-15シーズンには、オールスターに選出されている。今シーズンはウルブズの一員としてここまで34試合に出場(13先発)し、平均13.2得点、2.6リバウンド、6.1アシストという成績を残していた。

(C)2020 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.