西武鈴木「周りを抜いてレギュラーを…」 秋山“後継者”へ定位置奪取を宣言

©株式会社Creative2

自主トレを行った西武・鈴木将平【写真:編集部】

レッズへ移籍した秋山翔吾の下田自主トレに参加「いい準備が出来ている」

 西武の高卒4年目、鈴木将平外野手は16日、秋山翔吾外野手の“後継者”に名乗りを上げた。静岡・下田市営グラウンドで行っているレッズ・秋山翔吾外野手らとの合同自主トレに参加している。「体は問題ないですし、気持ち的にもレギュラーを取るつもりでやっている。いい準備が出来ていると思います。キャンプにベストな状態で持っていけるようにしたい」と意気込みを語った。

 昨季1軍デビューし、16試合出場。26安打4安打の打率.154、0本塁打、1打点だった。「やっぱり打撃。ライオンズはレギュラーを勝ち取っている方が多い。キャンプから打ち続けたいです」。不動の中堅手だった秋山がメジャー移籍。「嬉しいには嬉しいですけど……。周りを抜いてレギュラーを勝ち取れるような選手に」と意気込んだ。

 秋山は「しぶとい方。練習1つを取っても妥協するところがないですし、自分的にはキツいと思っても弱いところを見せない」という。「ライオンズで元気にやっている姿を見せたい」と“師匠”へ活躍を届けるつもりだ。(小谷真弥 / Masaya Kotani)