老舗4×4パーツメーカーのジャオスが話題の新型オフロード車を一挙公開!【東京オートサロン2020】

©オートックワン株式会社

JAOS

話題のRAV4をはじめ、多くのヨンクカスタマイズを展示

オフロードカスタマイズパーツメーカーの「JAOS(ジャオス)」は、東京オートサロン2020でデモカーのRAV4アドベンチャー、デリカD:5、ジムニー、ラングラー・アンリミテッドに加え、AXCR 2019でクラス優勝を果たしたハイラックスAXCR 2019を展示。

JAOS

RAV4アドベンチャーはバトルズブランドのリフトアップスプリングで2インチアップし、オンでもオフでも両方に使えるスタイリングに仕上げている。

JAOS

デリカD:5は2019年春に登場したばかりだが、スキッドバーやラダー、バトルズブランドの機能パーツなどを早くもラインナップ。フェイスチェンジキットも間もなく発売予定とのことだ。

JAOS

ジムニーは、スポーツカウル、フロントグリル、スキッドプレート、プロテクターパーツ、バトルズブランドの機能パーツなど、ジャオスの定番アイテムを網羅。ジャオスの歴史を感じさせるアイテム構成となっている。

JAOS

ラングラー・アンリミテッドは、新作ホイールの「ADAMAS BL5(17×7.5)」をマッチング。オフロードバンパーをイメージしたスポーツカウルやバトルズブランドの新開発モノチューブダンパー「MS」でモディファイし、「日本のJEEP」に仕立て上げている。

[筆者:井口 豪/撮影:佐藤 正巳]